​COMPANY/会社情報

会社概要

●会社名/大曽根商事株式会社

●所在地

・皆野本社工場 〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野678番地1 

・秩父第一工場 〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷280番地1
・秩父第二工場 〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷262番地1 

●電話/0494-26-7533

●FAX/0494-26-7534

●アクセス
電車の場合

〈皆野本社工場〉
・西武鉄道西武秩父駅」下車、タクシーにて約20分。または秩父鉄道「御花畑駅」から「皆野」まで乗車後、徒歩8分
 東武東上線「寄居駅」で秩父鉄道へ乗り換え「皆野駅」下車、徒歩8分


〈秩父第一・第二工場〉
・西武秩父線「西武秩父駅」下車、タクシーにて約15分。または秩父鉄道「御花畑駅」から「和銅黒谷駅」まで乗車後、徒歩5分

 東武東上線「寄居駅」で秩父鉄道へ乗り換え「和銅黒谷駅」下車、徒歩5分

お車の場合

〈皆野本社工場〉
・関越自動車道「花園インター」から皆野寄居バイパス(有料道路)を利用し国道皆野方面へ右側約1分。
・山梨方面からは、雁坂トンネルを通過後、秩父市内を通過して、皆野方面、雁坂通過後約75分。


〈秩父第一・第二工場〉
・関越自動車道「花園インター」から皆野寄居バイパス(有料道路)を利用し秩父方面へ約15分、和銅遺跡入口看板を過ぎて、約50m先を左折。
・山梨方面からは、雁坂トンネルを通過後、秩父市内を通過して、雁坂通過後約70分。

●設立西暦/昭和34(1959)年9月3日

●資本金/10,000,000円(発行済株式総数50,000株)

●取引銀行

・埼玉りそな銀行 秩父支店

・武蔵野銀行 秩父支店

・足利銀行 秩父支店

・埼玉県信用金庫 秩父支店

●代表者代表取締役/若尾 東

●従業員数/男28名 女25名(2018年2月末現在)

●業務内容

・培養・醗酵・酵素処理・植物エキス抽出・濃縮・滅菌・真空凍結乾燥(フリーズドライ)

・液体・ゼリー・顆粒・錠剤・カプセルの分包、パッケージングまでのOEM受託製造

・乳酸菌 培養~生菌末、顆粒

・液体分包(コラーゲンゼリー等の製造)、殺菌技術

・秩父の特産品 古代米ジャムの製造

・健康食品等の企画・開発

●所属団体

・秩父商工会議所会員
・秩父法人会会員
・盛和塾『埼玉』塾生

●主要得意先/日本国内約400社

●主要仕入先/日本国内約200社

●受託製造・原料販売実績

・無農薬玄米焙煎品等の製茶原料の供給
・FD/乳酸菌類、各種植物抽出エキス類、生ローヤルゼリー、その他天然色素類受託加工、他大和芋粉末、クマザサ粉末、梅肉粉末等の供給
・培養・反応/乳酸菌類の培養、菌体分離、他各種植物の酵素処理~反応~殺菌等の受託加工及び製造
・顆粒、錠剤、カプセル〈ハード・ソフト〉受託製造
・分包受託製造〈顆粒、錠剤、カプセル〉 600

●主な生産能力 

・抽出滅菌能力:通常タンク/600L×2機・2000L他、300L抽出・濃縮槽
・培養:150L槽、1000L・3600L培養槽、5L小型培養装置×2機、恒温培養室
・フリーズドライ能力:約300L×2機、約250L×1機/標準脱水量(一日あたり)計3機
・フリーズドライ試作機:約50L×1機、約70L×1機/標準脱水量(一日あたり)計2機
・その他:液体攪拌・剪断・混合機×1機
・打錠能力:高速打錠機×1機
・顆粒・錠剤分包機:三方分包機×2機、スティック分包機×1機、錠剤カプセル分包機×1機、
・液体ゼリー分包機:三方分包機×3機
・錠剤自動充填機:1機、自動ラベラー×2機
・製粉能力:奈良式/自由粉砕機×2機、増幸/アトマイザー×1機、振動篩過機×2機、微粉砕機×1機
・濾過装置:外圧式膜濾過装置〈面積10㎥〉
・固液分離:連続式高速遠心分離機×1機
・造粒能力:高速混合攪拌造粒機×1機、熱風乾燥機×2機、押出式造粒機×1機、破砕造粒機×1機
・菌検査能力:一般生菌数、大腸菌群、カビ・酵母、その他

※秩父第一工場 外観

会社沿革

昭和34年(1971年)

9月/創業者『大曽根政吉』が秩父市上野町にて、創業及び会社設立/資本金50万円。〈9/3〉

   主に美術印刷並びに包装、装飾用品の制作及び販売を開始する

昭和46年(1971年)頃

食品の製造・加工関係に進出、真空凍結乾燥(フリーズドライ)を業務の中心とし事業の展開を開始する。

昭和52年(1977年)頃

ローヤルゼリー等の健康食品素材の製造・加工が事業の中心になる。

平成4年(1992年)

秩父市大野原〈有限会社マルネ食品〉に「真空凍結乾燥・試作機」を導入。

10月/東京連絡所開設。

平成5年(1993年)

3月/資本金1000万円に増資、現代表『若尾 東』が代表取締役に就任。〈3/25〉

平成7年(1995年)

6月/創業者『大曽根政吉』代表取締役退任(取締役 会長就任)。

平成9年(1997年)

9月/黒谷工場新築及び操業開始(秩父市黒谷262番地1)。

   真空凍結乾燥装置、冷蔵・冷凍装置一式、除湿作業室を新設、製品検査室設置による検査体制の確立。〈9/1〉

平成12年(2000年)

9月/埼玉大学地域共同研究センタ- 産学交流協議会 正会員。

平成13年(2001年)

7月/中小企業庁・埼玉県/経営革新法に基づく認定を受ける。テーマ『FD中間品一貫生産ラインの確立とHACCP的品質管理システムの導入』。

8月/埼玉大学理学部との共同研究開始。

平成14年(2002年)

3月/改良ローヤルゼリー粉末、その製造方法等特許出願。

3月/埼玉県/創造法(中小企業の創造的事業活動の促進)に基づく認定を受ける。〈3/29〉

7月/改良粉末品及びその製造方法について特許出願。〈第2弾〉

平成15年(2003年)

8月/ISO9001:2000 品質マネジメントシステム認証。 認証番号[FM77292/UKAS・QJ00439/JAB]〈8/13〉

平成16年(2004年)

1月/新本社工場竣工稼動【現住所】。植物エキス抽出ライン及び真空凍結乾燥(フリーズドライ)の設備導入(黒谷工場の約4倍)。

11月/改良ローヤルゼリー粉末、その製造方法の特許確定(2025年まで)。

平成17年(2005年)

12月/第47期決算期変更〈平成17年09~12月〉。

平成18年(2006年)

8月/①ISO9001:2000認証 認証番号[FM77292/UKAS・QJ00439/JAB] ※第2回認証更新。

   ②有機認定取得/有機JAS法に基づく 認定番号[カ-06-04] ※認定機関/特定非営利活動法人 有機農業推進協会

平成19年(2007年)

1月/ISO9001:2000品質マネジメントシステムに於ける『品質方針及び品質目標』改定。

   品質方針『お客様の眼線で、社会に信頼を提供する』 品質目標『小さな改善創意工夫は会社を大きく発展させる』

3月/外圧式膜濾過装置〈面積10㎡〉導入。

6月/埼玉県/経営革新法に基づく、第2回目の認定を受ける。テーマ『機能性食品としての「青パパイヤ」サプリメントの製造技術の確立他』。

11月/食品開発展初出展〈香花園パパイヤ普及協議会〉。〈11/20~11/22〉

平成20年(2008年)

1月/ISO9001 品質目標改定『今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける』

2月/創業50年記念式典。〈2/2〉

2月/秩父市長/栗原稔 氏 副市長/田代氏 含む6名 公式視察訪問。〈2/8〉

3月/古代米ジャム 商標登録出願

4月/『古代米ジャム』発売開始。古代米ジャム製造方法:特許出願

11月/「ニンニクレクチン&オリゴ糖」を主成分とする『レクチンパワー』販売開始。〈(有)インフィニテイ〉〈4/18〉

平成21年(2009年)

9月/コラーゲンを主剤とする「ゼリー製造技術および分包技術確立」

10月/食品添加物製造許可取得

平成22年(2010年)

1月/三大方針変更→①誰にも負けない努力をする ②人間として正しいことを貫く ③「日本一」美しいを追求する

4月/秩父地域地場産業振興センターとの共同開発により、大平戸農園のゆず果汁と秩父源流水を使用した「ゆずコラーゲンゼリー」発売。

4月/古代米ジャム〈リニュアル発売〉。甘味料を国産「テンサイ糖」に、水も秩父源流水を使用。

   さらに機能性面から、コラーゲン&ヒアルロン酸、乳酸菌SU6も添加。

6月/秩父市長:久喜邦康氏 副市長:横井氏 公式視察訪問〈6/8〉

12月/清涼飲料水製造許可

平成24年(2012年)

2月/日本健康・栄養食品協会 正会員登録

4月/食品GMP申請 〈ISO9001品質マネジメントシステム終了〉 第三工場着工

6月/培養タンク1㎥〈第1種圧力容器〉導入完了

7月/第3工場竣工

10月/太陽光発電運用開始

12月/健康食品GMP認定〈日本健康・栄養食品協会〉認定番号:207-B01-01 

平成25年(2013年)

2月/埼玉県農商工連携フェア 出展〈さいたまスーパーアリーナ〉〈2/6〉

3月/第31回 健康博覧会2013 出展〈東京ビッグサイト〉〈3/13~15〉

4月/健食原料・素材・OEM展 出展〈東京国際フォーラム〉〈4/23~24〉

7月/2013稲盛経営者賞受賞〈盛和塾 世界大会 製造業第4グループ 第2位〉 

10月/食品開発展2013健食原料・素材・OEM展 出展〈東京ビックサイト〉〈10/9~11〉

平成26年(2014年)

3月/第32回 健康博覧会2014 出展〈東京ビッグサイト〉〈3/12~14〉

3月/150Lシーズタンク 導入完了

3月/培養タンク3.6㎥〈第1種圧力容器〉 導入完了

3月/高速遠心分離機・導入完了

5月/真空凍結乾燥機試作機〈2号機〉・導入完了

5月/健康原料・素材・OEM展 出展 〈東京国際フォーラム〉〈5/8~9〉

10月/「ステキポイントカード」導入。社内コミュニケーション活性化のため。

平成27年(2015年)

3月/第33回 健康博覧会2015 出展〈東京ビッグサイト〉〈3/11~13〉

4月/健食原料・素材・OEM展 出展〈東京国際フォーラム〉〈4/21~22〉

7月/液体分包充填機〈3号機〉・導入完了

9月/真空凍結乾燥機生産機〈3号機〉・導入完了

9月/クリーンブース導入により、クラス100000での作業環境を整える

9月/本社工場増築工事完了

平成28年(2016年)

4月/健食原料・素材・OEM展 出展〈東京国際フォーラム〉〈4/19~20〉

8月/埼玉県企業立地法の承認を受ける

9月/皆野工場着工(延面積2100㎡〉

10月/単列スティック自動充填包装機

平成29年(2017年)

4月/健食原料・素材・OEM展 出展〈東京国際フォーラム〉〈4/18~19〉

6月/皆野本社工場竣工稼働〈6/19~〉

大曽根商事株式会社
☎︎ 0494-26-7533
FAX:0494-26-7534

皆野本社工場:〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野678-1

秩父第一工場:〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷280-1

秩父第二工場:〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷262-1

© 2018 大曽根商事株式会社. All Right Reserved.